賃貸住まいでは付属機器の責任分担について明確契約を

賃貸住まいでは付属機器の責任分担について明確契約をしておかないとトラブルの可能性になるということ

賃貸住まいでは付属機器の責任分担について明確契約を
賃貸住まいでは付属機器の責任分担について明確契約を

賃貸住まいでは付属機器の責任分担について明確契約を

賃貸の住まいにもいろんな付属機器がついています。その付属機器とは換気扇、給湯器、水道関係、エアコン、電話線など様々なわけですが、それらも長年使用していると時折故障したりなどの可能性ものあることに充分に注意をしないとなりません。そこで問題になるのは万が一故障した際には誰が責任を負うかということであります。というのは故障の原因は様々ありまして説明書で禁止されているにもかかわらず遵守しなかったために故障した場合と、誰もが予期できない突発的な故障、そして老朽化による故障の少なくても3つのタイプに分類できるからであります。

そのため賃貸住まいではこれら付属機器が故障した際にどんな原因で故障したかについての責任分担について明確契約をしておかないとトラブルの可能性になるということということであります。説明書に禁止されているにもかかわらず無理な使い方をして故障をしたのであれば入居者負担でありますが、老朽化による故障の場合は全額入居者負担ではトラブルの原因になるのです。そのためあらかじめ入居前には給湯器やエアコンや換気扇などはいつ導入されたのかという導入年月日と過去の故障などの履歴を契約書に明記させるとともに、付属の説明書もあるか否かを確認しておく必要があります。もしなければ万が一の際の対応に困りますし、トラブルの原因にもなりかねないためであります。そして最後はそれらの故障の際には入居者が独断で連絡するべきものなのか、管理者に連絡を入れるべきものなのかについても契約書に明記しておかないとやはりトラブルのもとになりかねないので明記するようにしないとならないのであります。

Copyright (C)2016賃貸住まいでは付属機器の責任分担について明確契約を.All rights reserved.